金継ぎ教室2018 参加者募集

2018年の金継ぎ教室の参加者を募集いたします。

今年も春・秋同時に募集いたします。
なお、前年まで昼の部(14:00〜17:00)、夜の部(18:00〜21:00)と二部制で開催しておりましたが、諸事情により、本年度は昼の部(14:00〜17:00)のみの開催となりますので、あらかじめご了承くださいませ。

そして、毎回毎週水曜日の開催でしたが、今年の春の部に限り、毎週火曜日開催となります。
お間違えのないよう、よろしくお願いいたします。

金継ぎって何?って方に簡単に説明しますと、
金継ぎとは、割れたり欠けてしまった器を漆で継ぎ、
金や銀などでお化粧して修繕する技術のことです。

好きな器、使い勝手の良い器、大切な誰かにいただいた器、
長く暮らしをともにした器など、割れたり欠けたりしてしまった器を
ご自身の手で直してみませんか?

金継ぎした器は、繕った跡が景色となって新しい表情を見せてくれますし、
自分で直したことによって、なおいっそう愛着がわきますよ♪

───────────────────────────────────────
【日程1春】 2018年5月8日(火)〜6月12日(火) [全火曜日6日間] 14:00〜17:00
      申し訳ございません満席となりました

【日程2秋】 2018年10月10日(水)〜11月14日(水) [全水曜日6日間] 14:00〜17:00
      申し訳ございません満席となりました
 
 
※金継ぎは漆を使うため固まる時間が必要です。
 このワークショップでは各工程を体験してもらい、最終的に器を直して
 持ち帰っていただくために、全6回で1セットとさせていただきます。

【場所】 テリフリ店内
【費用】 16,000円(6回分・材料費込[金銀代別]・お茶、お菓子付き)
     仕上げに純金・純銀をご希望の方は、別途料金が必要となります
【定員】 8名

【講師】 名雪 園代(なゆき そのよ)氏

【持ち物】 金継ぎしたいもの(欠けたり割れた陶器・磁器を3個まで)
      汚れてもよい服装、エプロン、筆記用具

【注意事項】
 金継ぎは天然の漆を使用するため、体質によってかぶれる場合もあります。
 できる限りエプロンや手袋などで漆が肌に触れないよう心がけてください。
 なお、漆のかぶれに関しての医療補償などは負いかねますのでご了承ください。
───────────────────────────────────────

お申し込みは、このサイトの「お問い合わせ」ページからか、
メール(info@terifuri.com)よりお願いいたします。
ご質問などもお気軽にお問い合せください。
(お名前・ご連絡のつく電話番号・日程の(1.春)か(2.秋)のどちらか希望の時間帯を明記ください)

毎週6回にわたって行われるため、参加者どうしの交流も深まり、
楽しいワークショップになるかと思っております!

毎回好評で、早い段階で満席になっておりますので、気になる方はお早めに。

ぜひ、ご参加をお待ちしております!